不法投棄事故

快適なNORA ITと残念な不法投棄のはざまで

せっかく気持ちよくNORA ITをしている横にゴミが山積みになっていたらどう思いますか?

NORA ITをしていると不法投棄に憤ることがままあります。私のNORA ITスポットが川沿いということもあるのか、容易にクルマなどで侵入でき、夜中などは人っ子ひとり通らないから、という場所的条件も確かにありますが…。

テクノロジーの進化に置き去りになったメカ

不法投棄2

まずはベーシックな不法投棄です。基本はいらないモノが不法投棄されます(当たり前か)が、総じて多いのがテクノロジーの進化についていけなくなった哀れなメカたちです。ブラウン菅のテレビあたりは不法投棄の常連さんとなってしまいます。これは大量消費社会の爪痕でもあるのです。

不法投棄基盤

これもそのひとつだろうか?いや、一見すると日干ししているかにも見える。テクノロジー的には大雑把な感じの基盤なので古く見える。しかし、それを「何か再利用する上で日干しにしている」というのであれば素晴らしいリサイクル魂である。
いや、そんなことはなかろう。

ものぐさが生み出す不法投棄

不法投棄空き箱

これはどういうことなんでしょう?空き箱をただ、捨てておられる。空き箱はいらん!と言わんばかりの捨てっぷり。では買うときに全部開けてお店に箱を置いっていったらどうか?前述のテクノロジーに置き去りにされたのとは対照的である。空き箱はかなりの率でリサイクルできる素材でできている。ほんの少しも空き箱を自宅に置きたくない、心の狭い者の仕業だろうか?

不法投棄がらくた

これも典型的なガラクタですが、このスーツケースはパクったろうか!と思ったくらい使えそうだった(私がちょっとスーツケース欲しいなとか思っていたので)。このように、使えそうなや、単純なガラクタも多い。そして1つ捨てられると、2つ、3つ、7つといったように加速度的に溜まっていくのだ。これがよろしくないし、人間の心の弱さを露呈している。

「みんな捨ててるじゃないか!私だけじゃない!」

そんな弱さが人の心のスキマを埋めようとするのだ。
スキマをゴミで埋めてはいけない。

鍵落し物

こんなものもある。これは不法投棄ではないが、困ったモノでもある。これを拾って何か盗んでやろう!と思ったところでどこの鍵かが分からない。警察に届けるという優しさもあるが、このカギの重要度が分からない限り、国家機関にいらぬ手続きをさせてしまうかもしれないという恐れ。国家機関にはもっと大変な任務に尽力していただきたいものである。

クルマも意外と多いというリアル

不法投棄クルマ

日本は豊かである。クルマの不法投棄も意外と多い。最初はなぞの路駐カーとして2〜3日。しばらくしても動く気配が全くない。NORA IT スポットの多くが私道であることが多く、国家機関は手が出せない。そして、以外にもナンバーが平気でついている場合も多い。見た目にもまだまだ動きそうなのだが…。せめて乗り捨てる前に、ガリバーに寄ることは出来なかったのか?

不法投棄事故

これはネタである。捨ててあるわけではない。事故である。運転していた人の胸中を察すると申し訳ないが、現場は直線であり、運転不注意の可能性は極めて高い。

NORA ITをしてみて初めて気づくゴミの多さ

ごみ

劣悪な室内環境を出て、清々しい自然の中でNORA ITするはずが、なにやらゴミだらけ。これではイケナイ。
いつも部屋の中はピカピカにしている最先端オフィスで働いている方々も、この落差に愕然としてほしい。これではイケナイと。部屋も外もピカピカにしほしい。それは手入れされた会社の敷地内ばかりではなく!である。

もぐら

おやおや、不法投棄とはまた別で可愛いもぐらさんと出会った。そうか野良ITはこうでなくてはならない。こういう自然と出会って。。。

え?もぐらさん微動だにしない。

死んでる!これもまさか不法投棄!?!?!?!

野良IT発案者でありエバンジェリストです。WEBサービス開発から野良IT、地域活性化までイロイロ手がけるホントノ株式会社の代表です。