川に流して音楽も流す!

ワイヤレススピーカー TURTLE SHELL 2.0 by OUTDOOR TECH.を川に流しながら音楽をかけてみた!

これからNORA IT イベントもあるし、ポータブルでワイヤレスなスピーカーが欲しいな、と思っていてせっかくなのでNORA ITにふさわしいものを買おうと思い、以前からチェックしていた野良なアイテムを出しているOUTDOOR TECH.というブランドのコチラの製品の購入に踏みきりました!

ジャーン!頑強なワイヤレススピーカー、タートルシェル2.0 by アウトドアテックです!!!

OUTDOOR TECH( アウトドアテック )TURTLE SHELL 2.0 タートル シェル 2.0パッケージ

最初は海外サイトで買おうと思ったのですが住所の登録で「州」を選ぶのが必須で挫折し、国内でなんとかないかと探していて楽天のお店で見つけました!(Amazonでもあったのですが、好みの色がなかった…)

しかし、高い…、高いぞ!!18,000JPYなり(エントリー時点)!
うーっむ、しかし元サイトが99.95ドルなので、まあ、日本に持ってきてこんな感じは仕方ないかというのと同時に、値段なりの野良対応期待感も高まったので、購入に踏み切りました!

パッケージ裏

パッケージは結構満足なイメージです。こういうのが好きな人の心をつかむデザインとなっています。裏側はスペックをグラフィカルに表現しています。フル充電で16時間。クマの吠える声よりデカい96dB、チャリンコに搭載してもOKなどなど。

同梱物一式

ダンボールにしっかりホールドされて取り出した同梱物は、こんな感じ。ステッカーが入っているところも分かってるなと。ちなみに白い丸まったやつは、専用袋でした。個人的にはこういう専用袋は好きですが、白となるとアウトドアで汚れるじゃないか!となりました。黒とか濃い色にしてほしいものですね。

細長いマニュアル

異様に横に細いマニュアル。もちろん英語ですが、そんなに難しいことは書いてないので大丈夫です、

さあ、起動じゃあ!「Power On.」

スイッチオン

え?「パウワオン?」っていま喋ったぞこいつ。イケてるなあ、テック感あるなあ、スイッチのオンオフでいちいち喋るのである。まあ起動音がサンプリング音声になっているだけなのですが、こういうところがまた擽りどころです。

ボタン類

Bluetoothでの接続はこの真ん中のボタンを4秒以上押しなさいととのこと。他はボリュームボタン。ひとまずiPhoneとBluetooth接続してみると「Successful.」を??またしゃべった。Bluetoothにつなぐと「成功!」といった感じで喋る?
いいじゃないか。いいぞ。なかなかいいぞ。

本体裏面

裏側にはフックやマウントネジ穴などがあって、これまたいい感じだ。いろんなところに付けてくれと。公式サイトのはチャリンコとかに付けなさいとあるので、それ用かと思う。いずれチャリンコに付けてのレビューもしてみますわ。
チャリンコマウントキット>>
http://www.outdoortechnology.com/Shop/Turtle-Claw/

実際の音質はどうか??ちょっと聞いてみた。

いやしかし。少しこもった感じがするな…。これは低音重視のためか、はたまたそういうチューニングなのか?
いやいや、この音質でこの値段かああ!と一瞬思ったが…。そうかここは室内!気がつかなかったぞぉぉぉぉ!
そうか、こいつはアウトドア仕様!

屋外で鳴らしてみなければその真価は問えない!

屋外で音を聴いてみる

NORA ITで使って快適に使えなければダメだ!ということで、屋外に持ち出してみる。

早速、近所のNORA ITスポットにて使ってみることに。ちなみに外観デザインは、その名の通り「亀の甲羅」を意識していることはいうまでもないが、こうやって屋外にぽちんと置いてみると、亀感が意外とマッチしているのは気のせいか?

離れてみる

屋外で音を出してみると意外といいぞ!

このタートルシェル。ワイヤレスだし、やはり屋外で使うことに最適化されていると思われる(ブランドがアウトドアテックっていうくらいだし)。
上面のポチポチをのぞくと上むきにステレオスピーカーが設置されていて、空に向かって音が放たれるというワケなのだ。

ほぼマックスの音量で鳴らすと10mくらい離れていても結構聞こえる。このサイズにしては立派なものと感じた。クマよりデカイ声とは伊達ではないことが分かったが、クマの声を間近に聞いたことがないので…。(ちなみにBluetoothは32FEETとあるので、だいたい10mは届く。完全に遮る障害物があるとダメ。)

そして、この製品。大きな特徴がある。そう防水!防塵!耐衝撃!なのである!

防水を試す

ここまで来て、なおかつハードにNORA IT で使い倒すとなれば、その防水パワーも試すべきである。
ブランドサイトでは、海辺の砂浜で波に打たれているビジュアルが載っている!ので、水辺での使用などおちゃのこさいさいなはずである。

田んぼへ水を供給するために、ばちゃばちゃと出ている給水口へ近づける。(ちなみにこの間音楽は流しっぱなしである)ふと頭に値段の数字がよぎるのだが、高いのはこういった機能を有するため!えいやと給水口へ!

どうりゃー!

田んぼの給水口に当ててみる!

おお!大丈夫??
この瞬間に音が非常にこもってしまい、焦る。まさか壊れた?
(ちなみに充電する Micro USB端子とミニピンジャックは蓋に守られているので大丈夫、なはず。)

ずぶ濡れの本機

いやいや、わかった!
音がでる小さい穴のそれぞれに、水がつまってしまい単純に音が遮られていたのだ。
息をふーっと吹きかけてこの穴につまった水が除ければ、音は復活!

小さい穴に水がつまってしまう

やるじゃないか。
こうなるとさらに、その性能をさらなる高みへと試してみたくなるのが NORA ITer。田んぼの泥水につけて、カメさーん!というビジュアルも狙ってみたかったのだが、泥と一緒にいろいろな生物も入りそうだったので、そちらは諦めました。

水たまりに転がし裏返し

地味に水たまりにひっくり返してみた。
鳴っている。水面に波紋が出ているのがお分かりだろうか?

IMG_7583

こんな感じはどうだ?
音源となるデバイスも一緒に。転がす意味が実際の利用環境で意味があるかは分からないが、こういう事態になっても大丈夫でかつ、音楽は鳴っているという実証となった。
iPad miniだが、謎のケースによって iPad mini も守られている(謎のケースもNORA ITアイテムとして秀逸)。
偶然、色がすごくそろってしまったが、本当はタートルシェルは「Green」が欲しかった。でも、在庫がなくて、この「Electric Blue」を選んだのだが、結果そろったのでまあ、良しとする。

さらに川に流しても音楽は流れるのか?

川に入れたら浮いた

NORA ITは川のほとりがなかなか楽しい。ただ、デバイスを川に落っことしてしまったらどうなるコトか!しかし、こいつは大丈夫!!
沈むかと思ったが浮くではないか!
ちなみにこの状態でも音楽は鳴っている!(当たり前だが完全に沈めると鳴らない=聞こえない?)

川に流して音楽も流す!

やばい、流される!とまた値段が頭をよぎり、すぐに捕まえ回収したが、とにかくこの状態でも音楽は止まらなかった。

よくやったタートルシェル。本当にタートルだった。
ひとまずは、合格だ(なにが合格)。
多分、NORA ITしていても、PCとかの方が全然大事に扱わないとダメなので、こいつだけは乱暴に扱っても大丈夫なことはわかった。

屈強で屋外での音の良さはオススメ度かなり高めである。音楽好きなNORA ITerには必須アイテムとなるであろう。

よく考えたらNORA ITは自然の音を聴くんだった…

ちなみに、NORA ITは自然の音も楽しむというのが趣旨にあるので、過剰な音楽を大音量で流し続ける必要はあまりないのだが…。
ただ、閉鎖性の高いヘッドフォンよりはいいだろう。数人集まってそよ風と音楽を楽しみながら、NORA IT している時などはいいかもしれないぞ!

野良IT発案者でありエバンジェリストです。WEBサービス開発から野良IT、地域活性化までイロイロ手がけるホントノ株式会社の代表です。