RICOH THETA S

リコー シータ S〜RICOH THETA S〜 360度カメラを野良ITで使って見た結果

今話題の(結構前か)リコーの360度カメラのシータSを野良ITフィールドに持ち出して使って見たので、そのレビューをお届けしましょう。

このTHETA(シータと読みます、セタではないです。これが読めずにつまづく人が多いのでは?)を「使って見た」的な記事は他にもたくさんあるので、ここでは、あくまでも野良IT的な使い方というレビューとします。
題して、

野良ITで360度カメラのシータSは創造性を掻き立てるのか?

RICOH THETA S

野良ITなのでもちろんフィールドです。「都市部の観光地的なところでみんなで写って楽しいね、ウェーイ!」的なショットは野良ITでは期待できません。

野良ITがたっぷり堪能できる森の中、そう森の中にTHETA Sを持ち込んで試して見ました。

野良ITは、屋外でITテクノロジーを楽しむというコンセプトなので、こう言ったカメラ遊びも創造性を育む野良ITワークと呼べるでしょう。

THETA Sボタン

シータの使い方は簡単です。ボタンを少なくしたインターフェイスは正解ですね。迷わなくていいです。側面にパワーボタン、Wi-Fi接続ボタン、静止画/動画切り替えボタン。そしてメインの撮影ボタンです。

前置きはそろそろ、この360度カメラTHETAの野良IT的活用方法を紹介していきたいと思います。

まさに森の中に居る感が出せる!

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

どーん!森の中、クリエイティブ!

THETAは自分で持って撮ると、必ず自分が映ってしまうという弱点があります。なんせ360度写ルンですから当たり前です。
森の中で一人で撮影するとなると、自分も「ウェーイ」っとどこかに写ればいいのですが、なにやら淋しい感じです。一人だけに…。360度なだけに…。

というわけで手っ取り早くどこかに置いて撮ればいいんだなとということで、案内の杭の上に置いて撮りました。THETAはスマホのアプリをダウンロード>>すれば、スマホでモニタリング、撮影操作が可能です(編集アプリを使えばさらに色々とできますよ)。

なので、どこかにぽいっと置いてスマホ撮影からの操作で撮影すれば良いのです。

その時に、森の中に居る感を充分伝えるためには、自分が隠れるのがポイントです。

「隠れんぼ」なのです。一人なのに。

そう、見た人が、「あれ?撮った本人が映ってないぞ?」と思ってもらえればしめたものです。森の中に一人ぼっちなのに、SNSなどで見た人と隠れんぼごっこができるのです!

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

さあ、私はどーこだ?

これをやっている時がまた孤独で結構楽しいのです。隠れ方を考えてから撮る場所を決める楽しみもまた野良ITならではで面白いでしょう。

三脚があれば楽ですが、三脚が映ってしまうのが残念なのです。せっかく野良ITなので、あえてその辺の木の切り株なんかに置いて撮るのが良いでしょう。

RICOH THETA S

お手軽に360度画像が楽しめるんです。

ちなみにfacebookではそのまま投稿すれば自動的に360度画像の状態でアップされますのでさらにお手軽です。

このようにWEBサイトに埋め込む場合は、

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

こちらのギャラリーサイトにログインしてアップロードし、埋め込む形でシェアできます。
GoogleMapにアップしてシェアする方法もありますが、こちらはちとステップがいるのでまた今度にでもご紹介します。

森の中で、一人で360度カメラで撮って、それを共有し、見てる人を巻き込んで「隠れんぼ」してコミュニケーションをとる。これはクリエイティブです。やはり野良ITならではです。

もちろん、これが誰もいない浜辺でも、洞窟でも結構です。(誰もいないっていうのがポイントです。)ITを通じてその場にいるような体験をさせる。大げさかもしれませんが、普通の静止画よりは伝わると思います。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

これで一人で野良ITしている時の楽しみが一つ増えましたね。360度カメラのシータを持ち出して、野良ITを楽しみましょう。

ちなみに、野良IT for KIDS のイベント>>でも活躍しましたよ。

THETA S は動画も取れるので一人で野良ITをレポートしながら撮影するのもアリですね。
今度は動画でのクリエイティブな活用方法にもチャレンジしようと思います。

※ちなみにここに掲載された撮影素材は去年の秋にしているので、森の様子は2016年の初冬でございます。

野良IT発案者でありエバンジェリストです。WEBサービス開発から野良IT、地域活性化までイロイロ手がけるホントノ株式会社の代表です。