普通にビーチ

お盆真っ只中の江ノ島のビーチでNORA ITは快適なのか?

今回のリポートは真夏の江ノ島

真夏のビーチという環境がいかにITワークに影響を及ぼすかというのをテストするには、江ノ島というシチュエーションは充分といえる風格を駅からして醸し出しています。

片瀬江ノ島駅の風貌

やはり観光地。そしてオンシーズン。人がごった返しています。
先ずは駅前のマクドナルドにて回線速度を計測してみることにしました。

駅前のマクドナルド

一度飛んでもないスピードが出ましたが、何回か計測していると、やはり10Mbps前後に落ち着きました。なぜか上りが健闘してましたが、たくさん人がいるもののビジネスマンらしき人がほとんどいないので、ヘビーに回線は使われていない様子。しかし自撮りからのSNSアップがそここかしこで行われているので、回線としては細いが、混んでいる?はず。

ビーチにてNORA ITにトライ

そして、いよいよビーチに向かってみます。
江ノ島東浜

東浜(江ノ島をはさんで向かって左側が東浜となる、江ノ島水族館がある反対側は西浜)に来てみました。当たり前なんですが、ビーチなので、遊びに来るところなのです。
海の家が立ち並んでいるので、砂浜手前の階段に腰を下ろして、早速ITワークを開始。
私は一応勤務中なので、周りは遊びほうけているが、作業をしなけらばならないのであります。

夕方で曇り空なので意外と涼しい

先ず、回線速度は普通に良い感じ。
下り15Mbpsくらいでしょうか?上りは5Mbpsくらい。駅前のマクドナルドよりは快適に作業できそう。回線速度的には…。
砂浜とはいえ、都会の雑踏よりは人が少ないし何よりネットをしている人がいない。当たりまえですが…。
ここではSNSアップもやはり、砂浜といった環境ゆえそんなにバカスカはやっていない様子。

ちなみに、時間帯は昼間は暑さでやられてしまうので、あえて夕方をねらっています。
(あえて、昼間に汗だくになってやるという企画も思いついたがそれはまた今度)
そして曇りという天気と程よい風。
(ビーチで風が強いと砂がデバイスに襲いかかるので危険)

なので、ビーチNORA ITするには非常に好条件となったのであります。

ビーチNORA ITは集中できない!?

「周りが遊んでいると集中力が… 」
甘いと言われればそれまでです。

ビーチボールで遊ぶ人の前で

心頭滅却すれば火もまた…とかなんとかいうわけではないが、やはり目の前でビーチボール遊び、カップルいちゃつき、騒ぎまくる輩となると、 自然を楽しみながらITワークというのが難しいと言わざるを得ません!

自然といえばこの看板だが、上空で「ピーヒョロロロ」と鳴くトビが急降下してくるサマは、NORA ITならではの醍醐味となっています。

トビに注意!!

が、
公園などでよくある、お子さま集団との遭遇とは、また違ったノイズが襲ってきます。しかし、この遊んでいる輩の行動を観察しているとアイディアに変換できる気もしてきた(無理やり)。

いや、あまり変換できなかった…。

残念ながらお盆の観光地バリバリのビーチでのNORA ITは正直厳しかった…。

ではどうするかというと、人が少ないビーチで小さいテントを張って強風と日焼けをガードすれば、かなり快適なNORA ITが可能となるだろうということは予測がつきました。これだけでも大きな収穫になったと。

やはり生命の源、海を見ながらのITワークはクリエイティビティが押し寄せる波のように刺激されるはず。
今回の教訓をもとに、準備万端でビーチNORA ITに臨みたいものである。

何事も準備は重要です。

今回のスポット「江ノ島東浜海水浴場」

野良IT発案者でありエバンジェリストです。WEBサービス開発から野良IT、地域活性化までイロイロ手がけるホントノ株式会社の代表です。