ゆねばのNORA ITレポート〜高島水際線公園〜

NORA ITに最適な季節である秋も中盤に突入しましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
E2D3 × NORA ITのイベントも控えて、ぜひその前に公園あたりで「NORA IT 慣らし」をしておきましょう。

今回は横浜駅東口にある「高島水際線(すいさいせん)公園」でのNORA ITレポートです。

皆さんこの公園を知っていましたか?って横浜市民じゃない人を置き去りにしていますが…

2011年にオープンしたこの公園は、横浜駅と臨港パークの中間あたりに位置しており、神奈川新聞花火大会観賞スポットとして人気のスポットなのですが、同時にNORA ITが楽しめるスポットでもあるのです。

ちなみに、ここに来る前に横浜駅の日産グローバル本社にあるスターバックス(ここも穴場なんですが)で「カフェIT」をしていたのですが、回線状況はほぼ互角でした。
特になぜか上りが早かったです。回線的にも文句なしでオススメできます。

高島水際線公園の新しげなプレート

公園入り口にある看板

公園でのNORA ITというと、野良という言葉から緑に囲まれて、ラップトップを広げるイメージが強いですが、この公園は「水際線公園」という名前からある通りまさに水ぎわの公園です。決して緑は多くなく、芝生と公園の東側にごくわずかの樹木程度しかありません。

しかし、NORA ITは野良という言葉において強く縛られているわけではないのです。自然を感じながらITワークをするというスタイルなので、水(海?)に囲まれたこの公園も立派なNORA ITスポットです。実際帷子川(かたびらがわ)に隣接しているこの公園では、西側にある「潮入の池」という帷子川と水位を共にする人工池で泳ぐ魚の姿を見ることができまるのです。

中央やや右にポツネンといる筆者

横浜の街とNORA IT

何よりこの公園には独特な開放感があります。今回僕がNORA ITをしたのは人工池がある公園の西側なのですが、そのベンチからは横浜駅・帷子川・みなとみらいといった景色が一望できます。
その景色に加えて涼しい浜風に揺られるのはとても気持ちいいですし、独特の開放感があります。この開放感は、公園の近くにあるカフェのテラス席とは全く違うものです。

鉄道ファンには最高のNORA ITスポット

貨物列車
一方で、周囲の環境音に関しては静寂の世界であるとは言えません。車のロードノイズなどは聞こえませんが、川を走る船や公園内にある貨物線を走る貨物列車の走行音などがたまに聞こえるほか、時間帯によりますが夕方には隣接するマリノスタウンからサッカーのガヤガヤした練習音なども聞こえてきます。
ですが、これらのおかげで全く集中できないということはありませんし、これらの環境音もNORA ITの醍醐味であると言えます。
あと、この公園にはトイレがないので注意しましょう。

僕がこの公園でNORA ITをする時に感じた、「対策が必要」と思われる点は2つです。

1つ目は、夕方以降になると一気に体感気温が下がるため、一枚羽織るものを持って行く必要があるということ。
まあ、これは季節柄というのが大きいですが、海も近いので風があると都市部よりちょっと涼しいでしょう。

2つ目は、そこそこ有名なデートスポットであるのか、夕方以降カップルが増えてくるということです。
前者は対策ができますが、後者は対策できません。
気にしない方もいらっしゃるとは思いますが、僕は帰る時になって初めて自分以外この公園にはカップルしかいないということに気づき、非常に寂しい気持ちになりました。
僕と同じ思いをしたくなければ、夕方には撤収するか、

ペアでのNORA ITをお勧めします。

今回の横浜駅近くのNORA ITスポット「高島水際線公園」

NORA ITの初心者。 アウトドアとは殆ど無縁の生活を送ってきたが、憧れるのはログハウスでハンモックにぶら下がりながら本を読む生活という矛盾を抱えている。