野良ITレポート〜藤が丘公園編〜

みなさんは、普段の通勤通学している車窓から見える公園に行ったことはありますか?今回僕が野良ITをしてきた藤が丘公園は、僕にとっては毎日見ているけど行ったことはない。そういう公園でした。

池に面したベンチで

「言の葉の庭」っぽい公園

 今年最も売れている映画、「君の名は。」を先日見に行ってきました。公開から1月半も経っているのに、土曜の夜の映画館は満席という恐ろしい状態で、圧倒的な世の中のうねりの前に、僕はしばし呆然としました。
 そんな「君の名は。」の監督である新海誠さんの作品の一つに、「言の葉の庭」という作品があります。言の葉の庭」の舞台一つに、新宿御苑があります。この新宿御苑では、主人公が逢瀬を重ねるのですが、そこの雰囲気と藤が丘公園の池の周りはなんとなく似ているのです。もちろん実際の新宿御苑は大きいですし、それに比べるとミニュチュア感はありますが。
 そして何よりこの公園の特徴は、その多様さでしょう。マンションと線路に囲まれたエリアで、東急田園都市線の藤が丘駅のすぐそばというマンションを建てれば結構売れそうな立地ですが、好立地の割には公園自体の面積は比較的大きいです。ですが、極端に大きいわけではないので、木が茂る普通の公園というレベルかと思いきや、公園内は池や遊具などが多く、コンパクトで多様な公園と言えるでしょう。

言の葉の庭っぽいきがする

園内に多くある椅子

 公園であったり、広場であったり、野良ITに欠かせないのは作業するための座る場所です。藤が丘公園には多くの椅子があります。
 藤が丘公園のイメージとしては、全体を3個のパートに分かれています。一つは公園の南側にある、池の周りです。ここは様々な生物が暮らしている池ですが、その周りにも多くの椅子があります。二つ目は西側にある遊具などが固まっている場所ですが、ここには多くはありませんが、藤の下に椅子があります。最後に池の北側にある広場ですが、ここにも椅子があります。最もこのパートは木々が茂っていてあまり光は差し込まず、そこまで人がいないので野良ITをするにはいい場所かもしれません。

ベンチ

野良をきっかけに足を運んでみる

 公園というのは、自分の家のそばや都市部の大型公園以外だと、なかなか行かない場所ではないでしょうか。例えば、僕が家から大学まで行く間に、最低10個の公園は視界に入りますが、行ったことがあるのはそのうち2個しかありません。ですが、今回の僕のように車窓からは眺めていた普通そうな公園も、行って見たら面白いほど多様な公園であったということはあるでしょう。
 一年半くらい野良ITをしていますが、今までの経験則として都会の公園で環境的な問題があることはありません。今回の藤が丘公園も、回線速度は30mbps超えという十二分な結果でした。
 是非とも野良ITをすることで、普段行かないような公園に行ってみるのはいかがでしょうか?

別角度から

今回の公園

NORA ITの初心者。 アウトドアとは殆ど無縁の生活を送ってきたが、憧れるのはログハウスでハンモックにぶら下がりながら本を読む生活という矛盾を抱えている。