電子書籍リーダーで野良IT読書という選択

あなたの本棚
読書は長い間、外出した際の時間の潰し方の頂点に君臨し続けていました。現在ではその頂点の座はスマートフォンに奪われましたが、今でも読書をしている姿はありふれた光景として展開されています。しかし近年、読書をする姿というのは変化してきています。

電子書籍リーダーは、本の四次元ポケットです

本は長い間、一冊のモノとして使われ、持ち運ばれていました。
文庫本や新書ならポケットにしのばせることができますが、それ以上のサイズになるとカバンなどにしまう必要が生じ、結構な荷物となってしまいます。専門書などはものすごい分厚さのものもありますし、文庫本サイズだからと言って何巻にもわたる長編はポケットにしのばせることはできません。これら物体としての問題を解決するのが、電子書籍リーダーです。

一冊ぶんくらいの大きさで何冊でも持ち歩ける

これを利用することにより、手のひらサイズの電子書籍リーダーの中に何千冊という本を入れることができ、時と場所を選ばずに自分の本棚を持ち出せることができるようになったのです。
電子書籍は本によって大きさが変わることもなく、常にバックライトで照らされていますから、多少暗いところでも鮮明に読書ができます。よく見づらいと言われますが、文字の大きさも自由自在に変えられますから、老眼が気になり始めたからといってデバイスを変えず、お年寄りから子供までが同じハードで快適に読み進めることができるのです。
また、電子書籍リーダーアプリを使えば、電子書籍リーダーを使わなくても、スマートフォンやタブレット端末から本を読むことができます。アマゾンのKindleは、Kindleというハードでも、スマートフォン向けのアプリでも、一度買えば複数のデバイスで読むことができます。

電子書籍リーダーで読書

野良TIにはKindleペーパーホワイトがオススメです

今日、多くの電子書籍リーダーや電子書籍リーダーアプリが存在しますが、もっともメジャーかつ快適に読書を楽しめるのは、アマゾンが販売しているKindleペーパーホワイトではないでしょうか。これはこれはスマートフォンよりも一回り大きく、電子書籍のために開発されたものなので白黒液晶ですが、文字がよりはっきりと表示されますので、長時間の読書も苦になりません。これが太陽の元でも結構見えるという優れものなのです!

そして何より読書のために選ばれた白黒の液晶は、目への負担がスマートフォンやタブレットより少ないため、目への負担が軽いです。その上、消費電力が小さいので1度充電すれば何日も続けて使用することができ、電池切れの心配も少ないでしょう。

このように読書が本というモノに支配されなくなりました。皆さんも電子書籍リーダーやスマートフォンに本棚を詰め込み、野良IT読書をしてみてください。

野良ITを推進する編集部です。野良IT目線で様々な情報をお届けしていきます。皆さまもどんどん野良ITしていきましょう!