Close

デスクトップPCでNORA ITは可能なのか?もちろん可能です

以前、カフェでデスクトップPCを持ち込んでワークを展開するエントリーが話題になりました。
http://netgeek.biz/archives/8334

これは、NORA ITも負けていられません!

ということで、iMacを屋外に持ち出して、ITワークが出来るか検証してみました。

まず、私がよく行くNORA ITスポットである近所の公園。
緑がまぶしい、私もお気に入りのNORA ITスポットです。

まずは、iMacが良い点として画面一体型であることと、標準でキーボードとトラックパッド、マウスなどがワイヤレスだという点でセッティングがやりやすい。
そして最大の難点であろう電源の確保には、今回APC社製のUPSを使いました。

NORAITデスクトップAPCUPS
右に地面置きしてあるのが、APC RS 400電源バックアップ(400VA) BR400G-JP

UPS(無停電電源装置)としての使い方は間違っておりますが、バッテリーということには変わりありません。そして、1時間はパソコンを安定して動かせるとのことなので、今回はテストということもあり、1時間も動けば充分でしょう、ということで採用。

公園に「デスク」と「イス」があればいいのですが、ない場合も想定して、折りたたみのアウトドアテーブルとイス。

NORAIT デスクトップ デスク
キャンパーズコレクション スタイルワンアクションテーブル

ちょっと値段は高いのですが、ワンタッチでセットアップ可能という所と、あまりしょぼくて、デスクトップPCがスッテンコロリンとなってしまわないようにという理由でこれをチョイスしました。大きさも正方形に近いので安定感は非常に良いです。向かい側にノートPCの人も一緒にNORA IT出来るくらいです。

そして肝心のネット環境ですが、iPhoneテザリングで、ほぼ充分な接続環境が得られました。この辺りは普段NORA ITをしているならばお手の物でしょう。

決論:デスクトップPCでもNORA ITは全く問題なく出来ました

NORAITデスクトップ木陰

このような環境下でもテーブルは抜群の安定感だった。落ち葉にめり込んでしまうが、4つ足タイプがかえって安定する。あえてMacが起動画面なのは、本当に立ち上がっているというところを見せたかったからである。
デスクトップPCは起動時に電気を食うが全く問題ないということを証明している。

懸念事項ももちろんあります。
装備として、これだけのものを持ち歩くとなると輸送手段に車がマストになってしまうという点。
気軽にNORA ITデスクトップしよう!というのは難しい…。
ちょっとしたキャンプに行こうというような装備をもってして、実質1時間しか作業ができない…。

ただ、テーブルとイスがあらかじめあるような場所であれば、マシンとバッテリーだけ運べば、なんとかキャスターなどでもいけるかなと。

この日は天気もよく、風も少なかったので、下記の用な場所でもチャレンジしましたが、これまた問題なくクリア。

NORAIT デスクトップ河原

この開放感と、青空に下、河のせせらぎの音を聞きながらクリエイティブにデスクトップPCを使えるというメリット、デスクトップPCの利用時間が1〜2時間という制限がまた、集中力をアップさせるかもしれません。

ITワークは1時間で、後はバーベキューでもしながら一杯やるというのも、このデスクトップNORA ITの醍醐味となるでしょう。

かなりのポテンシャルを感じさせたテストだったことは間違いありません。
また、引き続きリポートします!

野良IT発案者でありエバンジェリストです。WEBサービス開発から野良IT、地域活性化までイロイロ手がけるホントノ株式会社の代表です。